• ブックマーク

展示会の目玉となる商品が届かない

"メーカーのデザイン部で仕事をしていて、展示会の担当でもありました。
新商品を展示会で初お披露目する為に、パッケージデザインを考えていたのですが、肝心の商品が仕上がりません。

海外の工場で生産する予定だったのですが、向こうの担当者が何も言わずに辞めてしまい、生産がストップしていたのです。
ちなみにこの仕事をしている中で、数回こんな事がありました。

展示会の目玉となる商品だったので、めちゃくちゃ焦りました。
慌てて生産を始めましたが、どう考えても展示会には間に合いません。
急遽展示会のレイアウトを変えて、新商品のブースを小さくしました。

この時は、展示会の施工業者、営業さん、社長、取引先、色々な所に頭を下げました。
担当者との連絡を密に取っていなかった私の責任ですが、当時は自分の非を認める事ができずに、夜な夜な泣いていました。
上司も社長にゴマをするタイプの人なので、守ってくれず、周りは敵ばかりに見えました。
謝りつつも、できるだけいいブースを練り直し、無事に展示会は終わりました。

展示会が終わるまでの間、何度「申し訳ありません」という言葉を発したか覚えていません。
後から同僚が、ボタンを押したら謝るロボットのようだった、と笑い話にしてくれた事で、少しだけ癒された出来事でした。"